輝きベビー保育園 光り輝く子供たちを未来に

保育理念

『光り輝く子供たちを未来へ』


「良質な経験の数」が「人生の質」を決めます。
「やりたい」と自らやる気になるには環境が大切です。様々な月齢に対応する多くの取り組みが用意された環境の中から、自ら一番やりたいものを選択しそれに集中し、やり遂げた時、大きな満足感が得られ自己肯定感が育まれます。その経験をたくさんすることで自信に満ち溢れ、意欲、忍耐力、自制心、協調性、リーダーシップや社会性、問題解決能力、発想力、創造性、好奇心などが育っていきます。
乳幼児期は、脳の80%が育つ時期。数、言葉、絵、論理等を理解する認知能力が飛躍的に伸びる時期です。豊かな人格形成と共にそれらをバランス良く身につける良質な経験を提供して参ります。



保育方針


「良質な経験の数」が「人生の質」を決めます。



夢中になる活動で自主性を育てます
(お子様の今ある能力を使い切るOut Putの時間)
大人が指示命令をして管理するのではなく、お子様自ら「やりたい」と思う活動に取組み、夢中になることで自発的に行動できる意欲的な子供を育てます。



9つの分野からのアプローチでバランス良く育てます
(新しい情報や知識を入れるIn Putの時間)
子供の能力が伸びる『旬』を逃さず、9つの分野(言語、数、絵、からだ、音楽、人、自分、自然、感覚)の発達に合わせたアプローチで脳・身体・心の成長をバランスよく育てます。

 



身体を成長させる大型遊具で意欲を育てます
身体が著しく成長するこの時期にずり這い~歩けるようになるまでに必要なアプローチを助ける室内遊具が充実。
ボルタリングやブレキエーション(ぶら下がり)など脳を活性化する遊具を活用して自ら成長・発達させようとする意欲を育てます。
 



自然に触れることで感性豊かに育てます
戸外に出て自然に触れることで5感を研ぎ澄ませ感性を豊かに育てます。自然の変化を敏感に感じ気づきを得られる思考力が養われます。



食育にこだわった自然食で脳を育てます
味覚の土台は3歳までが重要です。幼児食コーディネーター藤川里奈さん監修の元、五味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)を意識して薄味で味覚を敏感に育てる食事を提供し、食事をすることで体の発達、心の発達、機能の発達を促します。

【 園での取り組み 】
・生活リズムを整える
・味覚、体、心、機能の発達を促す
・元気な体を作る
・食べることの楽しさを学ぶ
・社会性やマナーを身につける

【 食材と献立 】
・旬の食材を使い、免疫力を高める一汁二菜のバランス良い献立作り
・日本の伝統的な味の出汁をベースに、味覚を敏感にする味つけ
・月齢・発達に合わせた調理法
・新鮮で栄養価の高い食材と調味料も安心・安全な本物で調理
・精製された小麦粉、砂糖は使用しません
・おやつにも栄養満点のこだわりなものを
・アレルギーに対応した献立作り


藤川 里奈(Rina Fujikawa)
調理師、紅茶コーディネーター、スイーツデコアーティスト

23歳で予約販売のケーキ屋をオープン。
食材にこだわり注文を受けてからいちから作り、焼き菓子から、バースデー、ウェディング、アレルギー対応までお客様に対応。電子書籍でお菓子のレシピ本を出版、カフェのプロデュース、お菓子教室まで幅広く活躍中。子供が産まれてからは、幼児食の大切さを実感。発達を促す幼児食コーディネーターとしても食育セミナーなどを開催。 (株)キッズアプローチの保育園の給食もプロデュース。