輝きベビー保育園

当園について

保育園理念

「輝く大人で輝く子どもの未来を」

子どもは日本の、世界の宝です。
その素晴らしい宝を、可能性ある未来へ送り出すため、子どもに関わるすべての人と地域社会がチームになって保育をしていきます。
しかし、子どもを安心安全にお預かりし、保育していくのは当たり前です。
私達は子どもに関わる全ての保護者・スタッフ・地域社会が自分らしく生き、自分自身が輝きながら子どもと接することも必要と考えます。
園は子どもの成長に合わせ、大人も成長し、共に未来へ歩み、地域社会の拠点となります。光り輝く未来を一緒に創っていきましょう。

【保育理念】光り輝く子どもたちを未来へ

代表挨拶

自立し、生涯、選択できる人生を

自立し、生涯、
選択できる人生を

輝きベビー保育園 代表
赤松卓人

輝きベビー保育園 代表 赤松卓人

原点は、我が息子が待機児童

我が息子は待機児童でした。
それもそのはず。
私が住んでいるのは、東京都江戸川区。
待機児童数が全国で断トツTOPの東京都の中で、第2位の区なのです。
入園しようと説明会を回っても、1人の入園枠に50人が集まるなど、途方に暮れていました。

この日本の問題に直面したことが当事業の原点です。

普段は父親として子どもと一緒に楽しい生活を送っております。

しかし、楽しいことばかりではありません。 私たち夫婦だけでは、とても手が足りない時が何度も訪れました。

・妻が仕事で、子どもが一人になった時
・子どもが病気で保育園を休まなければならない時
・自分が病気になってしまった時
・どうしても仕事が抜けられない時 などなど。。。

 仕事と家庭の両立で誰もが直面する問題に当たった時、自分自身の余裕がなくなり、子どもと楽しく接せられないこと、我が家以外の力が本当に必要なことを実感しました。

同じ思いをする人を、一人でも無くしたい。
その気持ちが、保育園を作る決め手となりました。

伊藤美佳さんとの出会い

父親としてはまだ2年生で、子どもの成長や未来についても常に悩みます。
その時に出会えたのが、園の教育担当者である、伊藤美佳さんです。
伊藤さん主催の「輝きベビースクール」で、私たち夫婦は、保育の軸を手に入れることができました。

この出会いは我が家にとって大きく、子どもの大きな成長が得られたのと同時に、私たち夫婦に心の余裕と親としての成長を与えてくれました。
子育ては「親育て」だなと痛感しております。

「形にはめるのではなく、子ども自身が持っている個性や能力を活かす場所を作りたい」と考える中、親として多くの保育園を見学しました。きれいな建物でもおもちゃが全く無かったり、ずっと叱りながら保育をするなど、子どもの可能性を広げられる場に出会うことは難しかったです。

そんな中、伊藤さんのメソッドを導入した園であれば、想う園が作れると考え、声を掛けさせていただきました。

FunTreで働く従業員のために

運営会社であるFunTre株式会社では多くの女性に活躍いただいております。
完全在宅勤務など、働く人が自分らしく最も力を出せる働き方が選択できるよう、新しい働き方の創出を常に研究しています。(私自身管理部として最前線にいます)

特に子育てをしながら完全在宅で働いているスタッフが多くおります。
在宅で働く理由は様々ですが、子どもが保育園に入れず外に働きに出られない方、転勤族のために定住出来ず保育園に入れないなど、子どもを預けられないから働き方に制限されてしまう現実がありました。

子どもを預けられないから出来ないことが増える。
綺麗事ではなく、これは考えなければならない問題だと思っています。
私も子育てをしていて実感しています。

しかし、子育てをしながら働いて頂いている方はとても優秀でパワーがあります。弊社にとっても無くてはならない存在です。

労働力が不足している日本にとっても子育て世代の力はより活用すべきと感じています。
従業員がより力を発揮してもらうためにも、従業員のために保育園が必要であると考えていたところ、企業主導型保育事業の意向と合致し、取り組むことになりました。

子どもの未来と現場で働くスタッフのために

子どもが生まれてから日本に対する見方も大きく変わりました。同時に心配をするようにもなりました。

その中、フィンランドへ現場視察をし、日本の未来に必要なヒントがありました。

フィンランドは人口約500万人という日本の約23分の1しかいないため、国民一人ひとりの力が国の発展により大切になります。そのために人の育成を重要課題の一つとして国中心に真剣に取り組んでいます。

これは少子高齢化で労働人口が減る日本の未来を見ているようでした。

輝きベビー保育園では、世界の教育先進国に習い、今まで以上に子どもの成長に向き合い、一緒に未来へ歩む役割も担いたいと考えています。

先生の役割も大きく、北欧では先生の格が高く、育児の柱となっています。
我が保育園でも働いていただくスタッフの方々には世の中に誇れる保育士になって欲しいと考えております。

我が家も保育士の方には本当にお世話になっていて助かっており、日々感謝しております。

日本の子育てに“余裕”と“チーム”を

保育教育事業を通して、子どもと関わる全ての方の力となり、地域社会に貢献したい。

そのためには「余裕」と「チーム」が必要と考えます。

病児保育(体調不良型)の導入やスタッフの働き方改革、IT導入による業務効率化もその一環です。

そのためには「余裕」と「チーム」が必要と考えます。
我が園がその一役を担い、子どもに関わるすべての人・地域社会と共に、子どもの輝く未来を創れるよう進んでまいります。

輝きベビー保育園 代表 赤松卓人

赤松卓人(Takuto Akamatsu)
輝きベビー保育園 代表
FunTre株式会社 保育教育事業部長
埼玉県出身。2児の父。
SE、イベント制作、介護の仕事を経てFunTre株式会社の保育教育事業部長を務める。
子どもが産まれ、自分自身の考え方や価値観が激変。自ら育児に参加し、仕事と育児の両立を実践し続けている。子どもの未来や世の中に目を向けるようになり、保育事業を立ち上げる。現在保育士資格取得に向けて勉強中。
趣味はスキューバダイビング、ゴルフ、子どもの笑顔写真撮影

メディア実績

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト(WBS)
定員の4倍応募も 待遇改善で保育士を確保

TOKYO MX モーニングCROSS
子連れ保育士特集

J:COM 江戸川キラキラスクールライフ
保育園初取材

東京都しごと主催 講演会
選ばれる保育園になるために~保育士人材確保の取組と課題~セミナー

産経新聞
保育士不足で“争奪戦”

 

PAGETOP